ジェルネイルってどんなもの?

ジェルネイルとは、普通のマニキュアとは違います。
ゲル状の樹脂を爪に塗り、その後UVライトに照射させることで、硬化させます。
要するに、塗るだけではなく、爪にしっかりと付着させることで、マニキュアよりも持ちが良く、爪にピッタリと付くことで、違和感がないと言われています。

 

仕上りもきれいで、それでいて自然です。
とても人気のあるジェルネイルで、各メーカーでも、透明感あふれるジェルネイルは主力の商品として販売しています。

 

ジェルネイルの魅力は、ツヤがでることです。
UVライトによって、付着力が強くなりますから、トップコートを使うよりもツヤツヤになるとの評判です。

 

自分の爪に塗るだけではなく、つけ爪やスカルプチュアなども作ることができます。
色もクリアですから、アクリルネイルよりもずっときれいです。

 

アクリルネイルよりも作る手間も省け、簡単にできるところにもジェルネイルの人気があるところでしょう。
アクリルネイルで大変だったという方も、ジェルネイルならできそうとチャレンジされる方も増加しています。

 

一度で3週間前後は持つことから、マニキュアではすぐに剥げるという方もジェルネイルの魅力にハマっている方もみ少なくありません。
ただし、正しい使い方をしないと、爪を傷める可能性もありますから、ジェルネイルに挑戦される場合は、手順を正しく知ってから行うようにしてみましょう。

 

なお、ジェルネイルには様々な種類もありますから、まずは知識を集めてから。

 

自分で出来るジェルネイル

ネイルサロンでジェルネイルをお願いすると、大体1万円くらいかかってしまいます。
確かに持ちもいいですし、よっぽどのことがない限り、剥がれたりしないのがジェルネイルの良さですが、やはり気になるのはお値段です。

 

だからと言って、安さ重視でポリッシュなどで仕上げても、乾くのに時間はかかるし、あっという間に剥がれてしまいます。

 

そこで、最近多いのが、自分でジェルネイルをするキットです。
インターネットで、ジェルを硬化するLEDもしくはUVライトとジェルのセットで、1万円くらいで購入出来るものもあります。
ジェル自体は安ければ200円くらいで購入出来ますし、色見本などもインターネットショップできちんと出しているショップが多いです。

 

 

楽天などですと、レビューで購入者が色味をアップしてくれているところもあります。

 

ネイルシールなどは今までのように100円ショップで購入出来ますし、
ちょっと特殊なパーツ(ブリオンやラメ)などはジェルと一緒にインターネットで購入してしまえば簡単です。

 

 

最初ははみ出してしまったりと失敗も多いかと思いますが、最初からかなり手の込んだものは難しいと思いますので、

 

一色塗りにネイルシールや、ラメのグラデーションなどだと粗っぽさが隠れることが出来るのでおすすめです。

 

 

参考にしたサイトはこちらです→http://www.la-peche.net/

キャンメイクのポリッシュ

気分を変えたいなあと思って、よくセルフネイルをします。
ポリッシュであれば、失敗してもすぐ落とせますし、簡単です。

 

良く購入するのはキャンメイクのポリッシュです。
大体300円程度で購入出来ますが、なんと言ってもカラーバリエーションの多さと、発色の良さが素晴らしいです。
手の爪は、あまり目立たない、ヌーディーなベージュを選ぶことが多いですが、マットやパール、色味の違いなど、他のメーカーで同価格帯だとここまでは揃っていません。

 

また、ぱきっとした色味、鮮やかなカラーのポリッシュも多く、ペディキュアに最適です。
レッドやブルー、グリーンにイエローとかなりはっきりしたものがあり、薄くないので、見たままの発色というのはかなり嬉しいです。
ポイント使いにもいいです。

 

私がよくやるのは、ディズニーリゾートに行く際、手の爪をミニーちゃん仕様にします。
レッドをベースにし、つまようじの頭の部分でホワイトをぽんぽんとつけていきます。
ポイントになりやすい薬指や、面積の広い親指に、ホワイトのリボンシールを貼ったりするのもおすすめです。

 

またペディキュアは、面倒な時は鮮やかなカラーをベースにして、ゴールドやシルバーのラメで一面塗りしたり、もしくはグラデーションをつけたりします。
キャンメイクはラメ類も豊富なので、何個もストックしています。
気軽にネイルチェンジ、時間があればぜひおすすめです。

知らないとコワイ!ネイルの豆知識

ネイルアートという言葉が定着して十数年が経ち、主流となる技術も変わってきました。
今やジェルネイルが最も需要が高いとされる傾向が強く、セルフでジェルネイルを楽しめるキッドも多く存在します。

 

ですが、意外と知られていないのが「消毒」です。
この2点をおろそかにしたままスカルプチュアやジェルを施術してしまった場合、恐ろしい病気の引き金となりうるのです。

 

代表的な例に「グリーンネイル」があります。
これはナチュラルネイル(自爪)の消毒が十分にされていないままスカルプチュアやジェルを硬化させてしまった場合に雑菌が繁殖してカビが発生するという病気です。
最悪の場合には2度とネイルを楽しむことは出来なくなります。

 

そのような事態を防ぐ為にも正しい消毒法を知っておかなければなりません。

 

一般的な消毒法として、アルコールによる擦式清拭を用います。
コットンにアルコールを含ませて手指全体を拭き取るように消毒する方法です。
勿論施術される側だけでなく、施術する側の手指消毒も重要です。

 

セルフでジェルネイルを楽しむ際もサロンと同様に消毒できていなければ、次のステップには進めません。
よりジェルネイルを安全に楽しむ為に、もう一度基本を確認してみる事も勉強になるのでお勧めです。